日本遺産 冬至  限定御朱印頒布について




 日本遺産認定を受けたことを祝しまて、限定の御朱印をご用意いたしました。西御門より夕日を拝む形となります。更に西の守護神、虎(白虎)を配置しました。右面には御朱印を社号は西鳥居前にある標柱の文字(揮毫者は明治の偉人 ※東郷平八郎元帥)を使用いたしました。(ご参拝の際には是非西鳥居脇の社号標もご覧ください。)

 令和4年は寅年です。式年御柱大祭の年となります。来年へとつなぐイメージとして西の守護神白虎(寅)を描くことに致しました。


期間 令和4年12月1日 水曜日より~

※枚数 数に限りがございますので、早めに終了する場合がございます。御了承ください。

          

冬至限定御朱印 一枚 初穂料1,000円

※本人手渡し お一人一枚とさせていただきます。 御了承ください。


※東郷 平八郎(とうごう へいはちろう)

弘化4年12月22日(1848年1月27日) 生

昭和9年5月30日(1934年)没

海軍軍人。元帥海軍大将。東郷神社の御祭神

明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し、特に日露戦争においては、連合艦隊を率いて日本海海戦でロシア帝国海軍バルチック艦隊を(丁字戦法)により破り日本を勝利に導いた世界的な名提督として、国民の尊敬を集めた。


東郷 平八郎元帥揮毫の標柱(写真中央)↑

閲覧数:851回0件のコメント

最新記事

すべて表示