• ikushimatarushima

日本遺産 夏至 限定御朱印頒布について


 昨年、日本遺産認定を受けたことを祝しまして、限定の御朱印をご用意いたしました。東鳥居から昇る朝日を左面に、右面には御朱印を入れました。社号は東鳥居前にある標柱の文字(揮毫者は明治の偉人 ※1伊藤祐亨元帥)を使用いたしました。(ご参拝の際には、是非東鳥居脇の社号標(当画面一番下の写真)もご覧ください。) 龍(青龍)は東の守護聖獣で日の出(昇り龍)と太陽線(レイライン)をイメージ致しました。

          

期間 6月19日(土)より6月30日(水) 12日間 

※枚数 数に限りがございますので、早めに終了する場合がございます。御了承ください。


夏至限定御朱印 一枚 初穂料1,000円

※本人手渡し お一人一枚とさせていただきます。 御了承ください。


※1伊東 祐亨(いとう すけゆき)


天保14年5月20日(1843年6月17日)生

大正3年(1914年1月16日)没

日本の武士(薩摩藩士)、海軍軍人、華族。

元帥海軍大将・従一位・大勲位・功一級・伯爵。

初代連合艦隊司令長官

飫肥藩主伊東氏に連なる名門の出身である。

勝海舟の神戸海軍操練所では塾頭の坂本龍馬、陸奥宗光らと共に航海術を学ぶ。

明治27年(1894年)日清戦争に際し、初代連合艦隊司令長官を拝命した。

明治39年5月12日東郷平八郎元帥と共に、上田の偉人赤松小三郎先生の墓所へ参拝したことは有名。

伊東 祐亨元帥揮毫の標柱(写真中央)↑

124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示