真田家ゆかりの神社

今注目を集める戦国武将、真田幸村。この真田家が本拠地とした上田地方(東信濃小県郡)は多くの戦国武将が群雄 割拠する歴史的要地であり、当社生島足島神社は戦国の雄、武田信玄をはじめ、真田昌幸(幸村の父 )、真田信幸(幸村の兄、初代上田藩主)の尊崇が特に篤い神社でした。

~戦国史の貴重なる資料・国指定重要文化財「生島足島神社文書」全九十四通~

・武田家臣団起請文全八十三通

 甲斐・信濃国内の家臣団に信玄への忠誠を誓わせた文書。熊野牛王宝印の裏に署名され、花押・血 判されたものでその家臣の数は二百三十七名にのぼります。そのほとんどが永禄十年(1567年)八月七日、八日に作成されており、同時に奉納された起請文がこれだけの多 数、現在に伝わっているのは全国でも例をみません。
(右は武田信豊公起請文) 

・武田信玄願文

 宿敵長尾景虎(上杉謙信)との決戦を前に戦勝を祈念した願文。信玄・謙信一騎打ちで有名な川中 島合戦の二年前の永禄二年(1559年)に奉納されました。

・真田昌幸朱印状

 武田家滅亡の後真田家が上田領主として独立していたことがわかる資料です。

〒386-1211

  長野県上田市下之郷中池西701

      TEL 0268-38-2755  FAX 0268-39-1515